<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ヴァンサンカン中国語版に登場

 本物志向の贅沢な女性のための女性誌として、中国にも上陸して以来はや一年、よく売れていると聞いている。 今月号に女性ブックデザイナーとの対談は収録されているが、僕にとっては至極テンポの速い取材であった。いわば、中国スピードというような感じなのかもしれない。
e0060913_2139037.jpg

[PR]
by amaodq78 | 2008-04-29 07:09

いきなり中国文学

 中国人気作家蘇童さんについていえば、日本はまだ、なにも語れないような状態にいるかもしれない。というわけで、陰鬱な雰囲気と呼ばれるものについて何かまともなことを語れといわれても、これはほとんど不可能であるように思える。しかしながら、そのなにも語れない新しいさそれ自体がひとつの事実を物語っている。
e0060913_22132993.jpg

 つまり、中国文学は日本においてそう簡単に広く知られるものではない。それはそれ自体として現実とは異なった素性のものであるし、それよりむしろ余裕の、あるいは相互理解の部類に近いだろう。座談会で彼とのセッションをしながら行われ、しかも通訳無しにそのまま仕切ったのである。感想は友人の萩野教授のブログをご高覧下さい→嗅覚の作家・蘇童



 ↑蘇童さんが熱く語る邦訳本『碧奴-涙の女』(飯塚容訳・角川書店2008年3月31日発売)
[PR]
by amaodq78 | 2008-04-07 22:08