<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

企画映像と『天津からの贈り物‐EYE』

 日本の現代文学を可視化する『天津からの贈り物‐EYE』写真展は、今年の秋頃、天津美術学院の美術館において開催される予定だが、実際のところ、まずは神戸での開催を期していた。しかし、当初から予定していた会場の都合で、中国での発表が先になった。天津を選んだ理由は、やはり神戸との日中両国の初めての友好都市だということもあって、お互いに観光や文化交流を深めるように続けていくことを願いたいからである。

 予告編は今週からの公開となっているが、写真展に向けて、神戸ビエンナーレ2011・プレイベントとしても本格的な準備に取り掛からなければならないのである。


[PR]
by amaodq78 | 2011-05-01 07:17 | 文事清流