<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

知日のある風景

 友人の作家・莫言さんがテレビで記者にものの伝え方を問われて、本当に言いたいことが伝わるように言えばいいのだ、とこたえた。つまり、達意の話とはこれだが、話のすべてではないにしても、言いたい気持ちはここに尽くされている。

 最近、『知日』創刊という話題もあってか、中国中央テレビ(CCTV)が、出来れば神戸での取材をしたいというから、二年ぶりに密着を受けることにした。
e0060913_11124711.jpg
 日本をお伝えするということには、自分が何を言いたいのか自覚して、それを然るべき順番に並べなければならない。そうすれば伝えたい熱意は大概伝わるもので、別に「わかりやすい一語」など選ばなくてもいい。とはいえ、肝腎なところでわかりやすい言葉を選ぶことができれば、それに越したことはないわけなので、かかる選択の才能に恵まれた人は、達意の話がしゃべれる。「知日」への視線=鈴木玲子(『毎日新聞』)
e0060913_2034348.gif
 来月の北京での編集会議も大きな楽しみである。
[PR]
by amaodq78 | 2011-01-20 05:53 | 文事清流

中国人からみた関西の魅力

e0060913_7344244.jpg

[PR]
by amaodq78 | 2011-01-18 07:36 | 新聞雑誌掲載文

『知日』創刊祝いメッセージ

 『知日』の品質は、誌面のデザインに集約されるものではない。もちろんそれも重要だが、大事な点は他にある。それはまさに「経験の日本」とでも呼ぶべきものであり、どこでも読めるあらゆる瞬間、あらゆるその時をパイ皮のように積層させるということで完成されていく「日本の姿」である。写真は1月4日北京市内での記者発表会の様子↓
e0060913_9503476.jpg
e0060913_9505564.jpg
e0060913_951491.jpg
e0060913_9511484.jpg
e0060913_951221.jpg
e0060913_951426.jpg

[PR]
by amaodq78 | 2011-01-08 09:51