本のタイトルに「豆」をつける

e0060913_21523015.jpg

  新刊の表紙に関して、よく本の顔ということが言われる。読む、見る、そして買う。これらは意外に独立しているそうである。著者として確かに表紙を見て満足しても読者とはあまり関係ないと思う。表紙だけではなく、内容だってそうだろう。

 通常、人は、他者の文章を読むことからはじめて自分の思いを形成することができる。中国全土での発売開始は来年1月7日、北京ブックフェアの期間中からと聞いているので、期待したい。本のタイトルは仮邦訳で『にっぽん 七つの銅製さやえんどう』、中国青年出版社から刊行される予定
[PR]
by amaodq78 | 2008-12-09 11:04 | 文事清流
<< 杭州講演会、話術から考えると 「虫の眼」で見た日本 >>