札幌節(札幌デーin Beijing)

 イベントが人を選ぶのではなく、人に選ばれるイベント時代になるのではなかろうか。イベントに煽られる点ばかりが、今までクローズアップされてきたが、講師と聴衆という形をよく考えてみると、聞かされ、信じ込まされるのは、講師と聴衆のどちらかであろうか。単なる波及効果は問題ではないのだ。
e0060913_211694.jpg

 記事は、先月5日のイベント(札幌の夕べ・長富宮飯店)。講師は三人、作家の莫言氏と映画監督の霍建起(フォー・ジェンチー)と僕、聴衆は200名以上。札幌市長のご臨席を賜り、楽しいひと時を過ごすことができた↓

 『北海道新聞』2007年11月12日朝刊
[PR]
by amaodq78 | 2007-12-05 20:48 | 文事清流
<< 秋の紅葉に思う 僧侶のお話 >>