中国語ブログ1500万アクセス突破

 中国語で書こうとするブログがまず最初にカタチを持つのは、あるときふと日常の中に宿る、一瞬のような表現欲だ。書こうとするそのブログの中国語をほとんど規定した内容のときもあれば、そうではなく文字通りひらめいたほんのわずかの描写にすぎない場合もある。

 いずれにせよ、これはかならず立派な中国語の文章になる、と書く当人である僕が半分遊びのような感覚だったかもしれない。

 ブログを書かなくては、という思いに触発されながら、僕のなかにおそらくずっと以前からあったものが、ようやく適切な表現方法に浮かび上がってきたような気もする。

 これは表現の喜怒哀楽だとしか言いようがない。

 これまでブログを書いてきた実体験が、書かれるべき次の中国語表現のための大きなステップを用意してくれる。そう信じたい。

 ブログとは、僕にとってすでにあるものだ。これから書こうとする僕を助けて作動し続ける表現欲は、眠っていたさまざまな過去を掘り起こしてくれるのだろう。僕はそれを頼りにするつもりである。
[PR]
by amaodq78 | 2008-12-17 22:59 | 文事清流
<< 内閣府海外向け広報誌に登場 杭州講演会、話術から考えると >>