お勧めする講演会

 聞けばなるほどと目を開かれることばかりであろうが、それだけに読後感はいささか重い。

 安易に中国文学の知名度を願ったりすることの危うさと思い上がりに、読者はあらためて気づかされることになる。そうなると、やはり日本でモクモクと、中国人作家を紹介していくのが僕のつとめかもしれない……。

 とはいうものの、中国文学の達人になるということは、中国人の僕だから簡単にみえてそうではない。晴耕雨読の生活に憧れる前に、作家の大先輩の話を聞かなければならない。

 今、世界で最も輝いている中国人作家のひとりに、李鋭がいる。そんな彼の来月の日本講演会を控え、関連パンフや短編小説邦訳集も用意されてきた。実に大きな楽しみなのである。 どうぞ、ご興味のある方はご参加下さい→ 李鋭講演会『中国と私の文学の道』

e0060913_2161012.jpg

[PR]
by amaodq78 | 2007-10-08 16:32 | 文事清流
<< 李鋭東京講演会の挨拶文 アニー・ベービー >>