中国語ブログ150万アクセス突破

 ブログは、いわゆる双方向という素晴らしい機能を持ち、詳しくコメントを重ねて凝った内容でひとつの表現を組み立てゆくメディアである。残念なことにいたずらもあり、悪質な書き込みも後を絶たない。

 だから、すべてのコメント欄を打ち切り、ただの表現手段として仕立てることにしたのである。これは多趣味のほか、書くという行動性が、日常の話をあちらこちら結節点にして語りひろげられる楽しいエッセイであり、書くということが、日本ばかりではなく、中国のいろんな話に触れては、その日常の背景や由来に及ぶ。これで十分だと思う。

 読者のおかげで150万アクセスを突破したということで、これはこれで、やはり嬉しいものである。双方向の機能が使えなくなり、何かを失い何かを得て、最後は差し引きゼロで終わるのがブログなのだとも思う。

 ブログへの執着は表現の手段としてお金でもなければ名声でもない。だから何だと問われて答えようもないが、そのわからないものを求めるのが書けることの意味でもあるような気がする。僕もまた、そんなブログを書き続ける無数の人のひとりなのだ。
[PR]
by amaodq78 | 2007-03-24 20:09 | 文事清流
<< 日本仏教から学ぶこと 中国語ブログを清掃する >>