テクノロジーに傾く

 即時性と広域性が、ブログによる情報提供の特性である。中国でのブログの急速な普及により、利用者の年齢幅も広げている。阿毛博客のクリック承認数の伸びは著しく、開設当初と比べて10数倍となっている。

 しかし、ひとつ疑問が生じる。いったい日記帳のような私的な書込みを普通の一般人が読む必要があるのだろうか?昔の人間社会とくらべてこの地上が何百倍も複雑化したわけでもないのに、なぜ情報の共用だけが極端に拡大してきたのだろうか?

 僕が思うには、パソコンの使いやすさにその回答を求めるべきではないか?文字だけではなく、画像や音声、さらに動画映像も含めて、ヒューマン・インターフェイスとして使えば、今までの媒体ツールよりもはるかに使いやすいのではないか……

 今日も中国語ブログを更新していくつもりだ。
[PR]
by amaodq78 | 2006-11-20 08:49 | 文事清流
<< 講演の中にあって 『泣きながら生きて』を見よ >>