日本記者クラブで会見

作家で神戸国際大学教授の毛丹青氏が会見し、主筆を務める中国語の文化雑誌「知日」の創刊(2011年1月)から現在までを振り返った。自分たちの感性で日本のライフスタイルを紹介することで、中国の若者に支持され、ビジネスとして成り立つことを示すことができた、と述べた。

司会:坂東賢治 日本記者クラブ企画委員(毎日新聞)

日本記者クラブでの会見実録 2014年5月16日


[PR]
by amaodq78 | 2014-05-25 18:02 | 文事清流
<< 新刊本『恵恵 日中の海を越えた... 小誌『知日』動画無料配信、スタ... >>