上海でのYOKOSO JAPAN

 追って詳しく中国語ブログにも書いてみるが、僕なりに言わせれば、トークショーにおいて、アドリブの快楽はとても大事なものである。ひょいひょいと言った軽妙な語り口で、深いところに触れていく。これこそ、聴衆を惹きつける、いわば「言語の技芸」というものなのだろう。写真は先日の上海での公開トークショーの様子 ↓
e0060913_7104077.jpg

[PR]
by amaodq78 | 2009-11-29 07:12 | 文事清流
<< 楽しさを生む授業づくり 日本語の静けさ >>